襟足のカットを失敗してフルウイッグを装着

先日イメージチェンジをしたくて美容院に行きました。雑誌を見てオーダーしたのですが、思っていたスタイルにならずに、襟足のカットを失敗してしまいました。このままでは友達にあったり会社に行くのも嫌なくらいの失敗でどうしようか考え、フルウイッグを購入して装着してみました。

フルウイッグもいろいろな種類のものがあり、自分のヘアカラーになじむような色を選んで購入したので、実際につけてみてびっくり。会社でもそれがフルウイッグだとは誰も気づかないほどでした。しばらく髪が伸びるまではこのフルウイッグでヘアスタイルを楽しみたいと思っています。


フルウィッグの魅力

被るだけで簡単にヘアスタイルが完成するフルウィッグは多くの人から支持されています。ロング、ショートといった長さや、ウェーブ、ストレートなどのスタイル、そしてカラーなど実に様々なものがあります。その多くのバリエーションの中から自分の元々の髪色に近いナチュラルなものや、個性的な髪色のものなど好きなものを選んでイメージチェンジを楽しめることは大きな魅力です。

また自分の髪をカラーリングした場合は、初めのうちはすべての髪の色がきれいに統一されていますが、伸び始めると元の髪と染めた色の境目がはっきりしてしまいます。フルウィッグならその心配はありませんのでいつでも好きなスタイルを楽しむことができます。

フルウィッグつむじ

フルウィッグにおいて、つむじが自然に見えるかどうかはとても重要です。つむじがなかったり浮いていたりすると一目でウィッグをかぶっているとわかってしまうからです。そのため、現在ではフルウィッグの天頂の裏地に人口頭皮を貼り付け、自然に髪が生えているように見せる工夫が施されている商品が多く存在しています。

また、その問題を解決するために、自分でウィッグの毛流れを変えたり、カットをしたりする人もいますが、帽子を着用することによってウィッグの浮きを解消したり、頭頂部が見えないようにする方法が手軽なのでよく用いられています。